★★ 最新の鑑定スケジュールはこちら ★★

これからの星の流れ(土星、木星、ラーフ・ケートゥ)

珍しくトランジット(ゴーチャラ)の記事をうっかり書きましたので放流。

公転周期の遅い惑星(木星、ラーフ・ケートゥ軸)が、この秋こぞって星座移動します。
今年1月に定座の山羊座へ移動した土星も合わせると、これらの惑星は社会に多大な影響を与えるグループです。また社会への影響は、個人の意識にももれなく影響するはずです。

山羊座で幅利かす土星、肩身の狭い木星

  • 土星ー2020年1月24日〜2022年4月末まで山羊座に滞在(2022年7月12日〜2023年1月16日も山羊座)
  • 木星ー2020年11月20日〜2021年4月まで山羊座に滞在

◎ 土星は定座の山羊座にいて強い。幅を利かす。
△ 一方の木星は減衰。吉星としての木星の力を発揮しにくく、肩身が狭い。

ということは、土星の「制限、持続性、伝統性」等が強調され、木星の「拡大、発展、自然法則」等が弱まります。

なので、社会がどうしても縮小&停滞方向に傾きやすいし、ぶっちゃけ不景気ムードもしばらく漂いそうです。
来年は丑年ですが、山羊座の土星も、牛のようにゆっくり草を食み、ゆっくり消化し、ゆっくり歩む、そんなノリ。

なおかつ土星は山羊座にいる間に、3回も逆行を繰り返します。
ゆっくりでも前に進んでいだ牛が、食べ残した草がないか点検するため、来た道をゆっくりと戻るのです。3回も。

つまり、のろいオブのろいオブのろい。

たしかに国の対策も、足踏み状態だったり、何かやっても無駄足だったり、古い体制に足を引っ張られたりで、進展が遅い。大打撃を受けた地球の民は、復興に向けて急ぎたいのに、土星は「そうはさせん。じっくり進みたまえ」と譲りません。なかなかうざいけど、ここは従うほうが賢明のようですよ。

土星は、不足部分を明らかにして正す惑星でもあるので、急がせない理由があるのでしょう。一人一人が個別の課題に、向き合う必要があるのかもしれませんね。

ちなみに今も3月からずっと土星逆行中。いよいよ9月28日に順行に戻るので、今後はさらに土星力が増します。

 

木星が射手座にいる残り二ヶ月で、やっとくことは?

木星は11月19日までは定座の射手座に滞在します。しかし実はケートゥとずっと一緒で本領発揮できませんでした。が、9月20日にケートゥが蠍座入りして離れたので、ようやく木星は今のびのびしてるところです。

そして11月20日には山羊座に移動。制限された中で生きてく感じに…。というわけでコンデションの良い残り二ヶ月弱の今、自分の「今後の計画や準備、それに伴う勉強」をしとくと良いと思います。

木星が山羊座に入ったら、自立のチャンス

土星が強く、木星が弱い時期を活かすには、自分がこれまでコツコツ積み上げて来たことのレベルアップ、そして引き上げたレベルの地固めです。木星のラッキーをあてにせず、正攻法で進めて正解。また、小ちゃくても地味でもニッチでも構わないので、自分ブランドを育てるのにも良い時期です。それがいずれ、どこかの誰かに届きますから。

あと、脳みそや教師を表す木星のフォローが弱いのも、逆に自立のチャンス。誰かの知識に依存せず、自分の頭で考え、先を読む力を鍛える時期と言えます。サバイバル力が付きますよ。

例えば、仕事や趣味活動で、誰かの指示がないと動けないというスタンスを改善してみるとか。
自分の頭で考え、推測し、実践し、勇気を持って提案してみる。そしてまた不具合を修正し、経験を積むうちに、社会でゆるぎない立場を築く……そんな筋トレ期間にはもってこいかと思います。

そして、2023年に土星が再度水瓶座入りすると、もう山羊座には戻りません。

風の水瓶座に土星が入ると自由な風潮がクローズアップされます。自由は一見良さそうに見えますが、自分で考えて自分で行動しない人にとってはちょっと厳しい時代になりそうです。古い枠にしがみついて生きるか、ニッチでも地味でもいいから自立してサバイバルして生きるか、ざっくりその二手に分かれそうですね。

土星の山羊座筋トレは2023年1月まで続きますが、嬉しいのは木星は2022年4月に魚座入りすること。まだまだ世の中は厳しい状況かもしれませんが、愛他精神の魚座は木星の定座だし、そのころには明るい希望を抱く空気になってることを期待したいものです。

ラーフ・ケートゥ軸が、牡牛座・蠍座へ

9月20日にラーフ・ケートゥ軸が久々に星座移動しましたが、これも大きな変化です。

牡牛座ー蠍座軸に約16ヶ月間滞在します。手に入れたいもの(ラーフ)と手放したいもの(ケートゥ)の作用が、人、物、事柄との関係性に変化を及ぼします。

突発性も示すラーフ・ケートゥ軸。星座移動したばかりなので、しばらくは注意深く行動すると良いでしょう。

***

実は先日観たSF映画『TENET』の時間軸の流れ方に触発されてしまい、なぜか急にトランジットについて何か書き留めたくなったのでした。毎度単純な私(笑)。映画の中では、時間の順行と逆行が起きるという設定で、脳内が???だらけになりましたが、わけわからなくても面白かったです。で、謎解きのために、また観に行くつもりです。